2008/07/30

本人のエッセイは出典になりえるか

ソース:吉田戦車日記 2008年07月15日 04時13分23秒 ウィキペディア

漫画家吉田戦車氏がウィキペディア上の自分に関する項目について、日記で触れている。

その中の、「本人がエッセイに書いてるからって、信じて引用していいのか?」という一言は痛烈。「信頼できる情報源」とは何か、ウィキペディアにはどんな事を書くべきか、それぞれ一度ゆっくり考えた方がよさそうです。まあ「信頼できる」と思うから出典としているのだし、書くべきだと信じるから書いているわけで、自分で軌道修正するのは不可能かもしれませんが。

2 件のコメント:

kzhr さんのコメント...

ラベルが全角スペースで区切られていてうまく機能していないようです。半角スペースではないでしょうか。

本人の記述があるとそれでことたれりとしてしまうのは、伝記研究でもありがちなことですね。いくら自戒しても足りないのではありますが……。

egoat さんのコメント...

例えばミュージシャンなども音楽雑誌のインタビューで自分についてネタ話をすることがままあるわけで、それを真に受けてウィキペディアに持ち込むと、発言した本人も分別のある読者も、ヤレヤレということになります。もっと悪いのは鵜呑みにしてしまう人がいることですかね。

タグはだいぶ混沌とした様相を見せ始めましたので、(気が向いたら)(そのうち)(適当に)整理する(かもしれません)。

Archives